野鳥は可愛い♪ 2

鳥撮りの記録

2015年10月

10/24 A公園

アカガシラサギの成鳥夏羽は綺麗だ。
この子も成鳥になって夏に戻って来てくれると良いけどね。

2d8ca06f.jpg

ここから水浴び
f9149c07.jpg

49cd831a.jpg

2a47b532.jpg

fe04dc7f.jpg

67f13210.jpg

4382d653.jpg

411b52bc.jpg

5a8edbd7.jpg

00c2e885.jpg

他に会った鳥達。
アカガシラサギの居た池のカワセミ
このカワセミが留まった木の側にアカガシラサギに居た。
6ffb30a1.jpg

エナガ
511753a3.jpg

モズ
ea6c6bc4.jpg

アカガシラサギを 1時間20分間も撮っていた。
まだ出て居たけど止めた。
小さな魚やエビ、ザリガニ等の小物を食べて居た。
翌日、居なくなった。
.

10/24 A公園

20日に葛飾区へアカガシラサギを撮りに行ったが会えなかった。
それがA公園で会えるとは・・・
別の個体かも知れないが、両方とも幼鳥だった。

池の向こう、遠くに居たアカガシラサギ幼鳥 亀は高い所に登るんだ!
cfaf460e.jpg

少し近付いて撮る
62f9e2f5.jpg

820a0be2.jpg

0bdadf72.jpg

daa6f85c.jpg

近距離を飛んだ
79d7a963.jpg

74e6881f.jpg

欠伸が出た
10885182.jpg

カイカイカイ
ba022ff3.jpg

0db68c50.jpg

de832d12.jpg

b045c397.jpg

片足立ち
22a9d6e7.jpg

57c42000.jpg

922c6ec0.jpg

たくさん撮った。
続く・・
.

10/20 葛飾区

カワセミの居た島には10羽位のカワラヒワがピラカンサを食べて居た。
他にキビタキ♀も見掛けた。
そして、ムシクイ。

メボソムシクイかと思った。
後で図鑑を調べて「オオムシクイ」と確信した。
その根拠。
1.白色の翼帯が2本有る。
2.9月中旬から10月中旬に良く見られる。
(以上、日本の野鳥650 2014.1.31 発行 より)

オオムシクイ : メボソムシクイの亜種から2013年の日本鳥類目録改訂第7版から種に昇格。

オオムシクイ
38a721ca.jpg

36e57348.jpg

7837c657.jpg

1b63a5c8.jpg

6cc3f99c.jpg

cb876b48.jpg

b0a93c24.jpg


ツツドリ 観察窓の側に居た
4d2febf1.jpg

21c29ffb.jpg

82fa63f7.jpg

ササゴイ幼鳥 帰り際、オオタカ幼鳥に襲われたが逃げ切った
ae11acfe.jpg

ad043c94.jpg

11077358.jpg

目的の鳥には会えなかったが、カワセミ2羽やオオムシクイに会えたので良いだろう。
.

10/20 葛飾区

アカガシラサギが居ると聞いて来た。
しかし、朝早く出た様だがその後はさっぱり出ない。
暇なので対岸に渡って探してみた。
対岸でも見つからない。

小さな島に行くと、2羽のカワセミが追いかけっこをしていた。
親が子供を追い出しに掛かって居るみたいだ。
一周するのに10秒ちょっとかな?
仲良く休んでもいる。

手前は子供(腹が汚い)
950bfd9c.jpg

965e6475.jpg

e9b880dc.jpg


43122a1d.jpg

子供
0070a940.jpg


a72e62c3.jpg

子供
38aa80c9.jpg

4f255bdf.jpg


川には数羽のカイツブリが見えた。
52ff2b0e.jpg

bb4fa60a.jpg

cf699c43.jpg

afebc462.jpg

e28d405d.jpg

eabe25b2.jpg

続く・・・
.

10/19 江戸川区

ミサゴの午後の部は2時頃からと聞いたので、それまで池の周りを廻っていた。
オオタカ幼鳥が淡水池の右側近くの観察窓から見えそうな所に留まったので行った。

オオタカ幼鳥
495ffd9c.jpg

2e247a3c.jpg

4075d7e3.jpg

オオタカ幼鳥を撮っている時、10mも無い所にカワセミが留まった。
カワセミ
c4bbc445.jpg

00e1be75.jpg

ヨシゴイ 淡水池で近くに来た
131db0e8.jpg

6e5ec747.jpg

3137d1bb.jpg

オナガ 観察窓の上方に来た
e5175c52.jpg

04adc6f6.jpg

1時前、まだ早いがミサゴを待つ事にして移動した。
ミサゴの現れる池では チュウサギとダイサギが居た。
チュウサギ 魚を銜えて居る
ba6f7837.jpg

3b6f7e2f.jpg

ダイサギ 魚を銜えて居る
89edc522.jpg

池の反対側から
7e0ec3f6.jpg

d1f29f8d.jpg

池にカモ類は居たが、まだ少ない。
猛禽の飛ぶのも少なかった。
ここはこれからが本番だ。
.

10/19 江戸川区

朝食は8時から9時半までだったそうだ。
私は10時過ぎに行ったので間に合わなかった。
朝なら順光で撮れるが午後からは逆光になる。
まあ仕方無い。
2時頃、ミサゴが杭に留まっていた。
ずーっと監視していたつもりだったが、左側を見て居た隙に来たのだろう。
廻りの人に知らせる。
側に居た人は、魚が小さいので1時間で終わるだろうと言った。

逆光で撮った ミサゴ。 15m位かな?
09e52aaa.jpg

以下、トリミングで大きくした。
b2e41ca2.jpg

魚は口元から食べ始めた。
7d43e768.jpg

逆光なので羽根が透けて綺麗に見える
d6b8b781.jpg

540822ca.jpg

どこかのおじさんみたいだ
86a87030.jpg

82104c6d.jpg

b0f7308b.jpg

35分後、池の反対側に移動して撮る。こちらは遠いが順光だ。
77bcbe55.jpg

大きくする。背景がちょっと良く無い。
009ed31b.jpg

もっと近くなる場所へ移動した。
3f3936da.jpg

大きくする。手前はダイサギ。
17b8f9df.jpg

f4c66f0b.jpg

45分で全部食べ終わった。
c17eb66f.jpg

バッテリーを交換している間に飛んで行った。
8月中からこんな感じだったらしい。
カメラマンも少なくなって居て撮りやすくなっていた。
平日のせいも有るが。
続く・・・
.

10/18 S湖

森に鳥が少ない(こればっかり)ので アリスイを探しに来た。
途中、知り合いに会い情報を貰う。
また現場でも別の知り合いに情報を貰った。
11時半頃、1羽のアリスイが来たけど逆光だったので移動する内に居なくなった。

12時、クルミの木にアリスイが留まった。
4~5枚撮ったところで飛んで行った。
0d69851f.jpg

13時、今度も同じところに飛んで来た。
821684a8.jpg

3b987b06.jpg

1分後、近くの木に移った
447d7bbc.jpg

02d93905.jpg

2eb8644e.jpg

2e360ea0.jpg

a76e0226.jpg

9ec49ff2.jpg

ee2e0c7f.jpg


アリスイが留まった所は全て先に モズが居た所だ。
2067999b.jpg

2c399a53.jpg

湖で水浴びをしてきた様だ
5a20d532.jpg

アリスイとモズ、仲が良いのか悪いのか良く判らない。
今の時期、アリスイを探すには、モズの居る所を探すと効率的。
.

10/15 A公園

森はキビタキしか居ない。
しかも♀が多く♂はたまにしか出ない。
この日も私が来る前に♂が出たそうだ。
♀は何度か出て来た。

キビタキ♀
0b0509b3.jpg

0c106f30.jpg

2dc00c0d.jpg

5cc10afa.jpg

efd491da.jpg

2f201795.jpg

ceffe25a.jpg

ホバーリングでアカメガシワの実に飛び付いていた
9f101e80.jpg


他の鳥を探して歩いた。
ヒヨドリに追われて何かが飛び出した。
キビタキ♂だった。
一人で撮る。

キビタキ♂
99e16617.jpg

e2d1c5c6.jpg

b16fff5c.jpg

少し遠くて綺麗には撮れなかった。
何時もうるさく邪魔な ヒヨドリに感謝。
.

10/13 A公園

この日もキビタキ♀は良く出て来た。

d59957b1.jpg

64915848.jpg

b66cf08b.jpg

30269d2c.jpg

7780a5bc.jpg

840821f7.jpg

アカメガシワを食べて居た
b4fa178a.jpg


3時半、みんな帰った。
鳥が少ない。
私も帰る積もりだった。
そこへ キビタキ♂が来た。
6分以上、一人で撮っていた。

キビタキ♂
c0fc35fb.jpg

89b4a184.jpg

d08ea271.jpg

暗い場所だったので、ほとんどは没。
まあ、一人で撮った気分は最高。

コゲラもアカメガシワを食べて居た
37627ae2.jpg

鳥は少ない。
本格的に冬鳥が入るのはまだ先。
.

10/12 M田圃

この日、5羽以上のノビタキが居た。
黄色になったセイタカアワダチソウに乗ってくれるのを期待した。

ae377a1b.jpg

f18618f9.jpg

1b24963e.jpg

21ad0898.jpg

d1dcf0c8.jpg

7c72927c.jpg

f770cc20.jpg

1d647538.jpg

d17311e6.jpg

7e4aabd4.jpg

77484c7b.jpg

4d8d02d5.jpg

62e8804a.jpg

8f4e13a4.jpg

03d960ef.jpg

モズも何度も出て来た
25439a5e.jpg

期待程の結果にはならなかったが、飛翔も撮れたし、それなりに良い結果になった。
.

10/10 A公園~O田圃~S湖

A公園
コゲラがアカメガシワの実を食べに来た。
624ec45d.jpg

O田圃
一瞬だけノビタキが出て来た。
9bb5439e.jpg

S湖
マガンを撮りに行った。
曇り空だったので水は綺麗な色では無かった。
マガンは1羽。
待っているとどんどん寄って来る。
体が大きいのでカメラにも大きく写り、下がって撮った事も数回。
7~8mまで平気で近付いて来た。

b97be115.jpg

fc1bc89c.jpg

95f77673.jpg

a498b24d.jpg

899b6a62.jpg

0b3a05c4.jpg

b25e3e79.jpg

d6651001.jpg

草を食べに陸へ上がってきた
560b5028.jpg

2c4c5d41.jpg

c0bf5c85.jpg

4f8574f6.jpg

なんともフレンドリーなマガンだった。
14日?には居なくなったらしい。

マガン 全長65-86cm
シベリア東部で繁殖し冬鳥として飛来する。
.

10/9 神奈川

当日の朝、行く行かないで迷った。
発達した低気圧の所為で一時的に居るだけでは? 既に飛び立ったのではと思ったから。
しかし調べてみると低気圧の来る前から居ることが判った。
それから出掛け11時前に現地に着いた。
既に2回出ていた様だ。

11時40分頃、出たが数秒で見えなくなった。
上体だけ撮れた。
12時10分過ぎ、今度は10数秒居てくれた。

ヒメイソヒヨ
喉に白い部分が有る
bf206484.jpg

b4168f77.jpg

ddf2d313.jpg

c75e3531.jpg

背中が割れてオレンジ部分が見える
48367a67.jpg

bd45d4fe.jpg

エゾビタキ ヒメイソヒヨを待つ間、大勢が何度も出て来た。
4e8374da.jpg

cb599104.jpg

fd6868e2.jpg

120c804c.jpg

9867395c.jpg

5eb922b1.jpg

ヒメイソヒヨ : 全長18.5cm。イソヒヨドリより一回り体は小さい。
シベリア南部からウスリー地方、中国北東部、朝鮮半島で繁殖し、冬季は中国南部、タイ、マレー半島に渡り越冬する。
日本へは迷鳥として渡来する。 (以上、ウィキペディアより)

是非会いたい鳥の一つだった。
何とか撮れて良かった。
本当はまた行きたいが、あの狭くて急な坂を思うと躊躇してしまう。
駐車出来る台数も少ないし・・
やっぱり止めておこう。
.

10/8 A公園

前日に撮っていた人が居た。
この日も出るのを皆で期待していた。
2時半頃、「オオルリだ!」の大きい声。
10mと離れて居ない所に出て来た。
それからの6分間、みんな集中して撮っていた。

オオルリ♂幼鳥
651e4d46.jpg

f9090619.jpg

f0c1d30b.jpg

陽射しが強く色が飛んでしまう
209f43a0.jpg

49759e66.jpg

3aa0890e.jpg

b095aefe.jpg

b1e25bc3.jpg

f683cbae.jpg

6dab79f7.jpg

b141bb76.jpg

9b1e6066.jpg

オオルリが去った後、みんな興奮気味に喜んでいた。
ずーーと期待していたからなー
珍鳥って訳じゃ無いけど、会えると嬉しい鳥だ。
その後、もう1回出て来たが、すぐに居なくなった。
この日、キビタキ♂も良く出たし、満足な一日になった。
.

10/8 A公園

この日、キビタキの♂と♀が良く出てくれた。
朝からそうだった様だ。

キビタキ♂
dcfccfae.jpg

33b0c894.jpg

5e539322.jpg

619da667.jpg

01711a86.jpg

fc499890.jpg

キビタキ♀
16ecdc99.jpg

ミズキの実を銜えて居る
6ebc0bcb.jpg

18cb8d3f.jpg

3cdb12fc.jpg

d1ecc616.jpg

36a2ff06.jpg

b3c66c4b.jpg

蜘蛛を捕まえた
df05f284.jpg

続く・・・
.

10/7 A公園

アカメガシワの木にキビタキ♀が実を食べに何度も来た。
森にはキビタキ♀しか居ない感じだ。

3021c39a.jpg

5011c46e.jpg

6533dfd8.jpg

アカメガシワの木に
4d3a2332.jpg

062b1be5.jpg

ceb1e030.jpg

e66ed754.jpg

51c62410.jpg

9ad82be1.jpg

925fb80b.jpg

75b41eda.jpg

キビタキ♂は一回だけ来た
4b19f65c.jpg

田圃にはスズメが大勢居た。
1ad53e51.jpg

オオタカも居た
4fe1b43e.jpg

ノビタキは1羽を見ただけ。
.

10/6 千葉

着いたのは2時前。
シラコバトは逆光気味だった。
その為、本来の色がほとんど出て居ない。
残念だった。

シラコバト
d8095353.jpg

d93b0577.jpg

59bdfc7c.jpg

14eb462a.jpg

ad440a7b.jpg

51ed4c4f.jpg

bb2d8073.jpg

5c776953.jpg

6羽居る
e595c2df.jpg

隠れて居る木の前に降りて食べ物を探す
5236c55e.jpg

9d8528d0.jpg

aa1d4d7f.jpg

2f4718b8.jpg

3babf304.jpg

実は、シラコバトが見つからないので白いハトを撮っていたら、側の木からシラコバトが降りて来た。
0ba44823.jpg

モズは良く出て居た
bfdf621d.jpg

順光で撮りたいので再挑戦を考えているが、まだ居るかなー?

昭和31年(1956年)に「越ヶ谷のシラコバト」として国の天然記念物に指定されており、昭和40年11月3日に「県民の鳥」に指定されました。 (埼玉県のHPより)
.

10/4 A公園・S公園

この日、最初にA田圃に寄ったが、ノビタキは見ただけで終わった。
森に移ったが ツツドリのみ。
寂しい限りだ。
43aed7a0.jpg

911410d1.jpg

7995d02a.jpg

S公園に移動した。
アリスイ狙いだった。
しかし、ここでもカラスに追われた トビしか撮れなかった。
a0810a17.jpg

05e9b39c.jpg

da4df2fa.jpg

dd942c50.jpg

cc92f1b6.jpg

鳥が少ないと寂しい思いです。
.

10/3 S公園

森は鳥が少なく寂しかったので アリスイ探しに行った。
9月中に撮っていた人も居たが、私は初めて。
ポイントを廻り、アリスイとモズを探す。
アリスイとモズは一緒に出て来る事が多い不思議な関係だ。

最後のポイントでモズが盛んに鳴きながら、あちこちを飛び回って居た。
すると、少し前までモズが居た枝でアリスイが鳴き始めた。

今季初の アリスイ 位置を変えながら撮った
4d4a3b13.jpg

947cfd99.jpg

710f8944.jpg

戻って来たモズに追われるようにアリスイは飛んで行った。

その後、モズを色々撮った。
モズ♀
6e19cb00.jpg

deae6742.jpg

以下、モズ♂
b66aaf31.jpg

7d2049d0.jpg

afc72285.jpg

bf2230b8.jpg

516d5e8b.jpg

6c6abe61.jpg

9dd09272.jpg

オオタカ幼鳥が飛んだ
b1f83c04.jpg

林には ツツドリが居た
e770b947.jpg

ここでは アリスイはこれからが本番。
森が寂しくなったらまた来よう。
.

9/28 茨城県

ウズラシギ     全長約20cm
コアオアシシギ  全長約24cm
アオアシシギ   全長約32-35cm
アカアシシギ   全長約27.5cm
クサシギ      全長約20cm
エリマキシギ    全長 雄が約29cm、雌が約22cm

いずれも旅鳥として春と秋に飛来する。
一部、日本で繁殖する個体もある。

ウズラシギ
a416a64d.jpg

95320f16.jpg

67e77c44.jpg

dad76481.jpg

912c2bf2.jpg

1e7a7a78.jpg

コアオアシシギ
3ea5917f.jpg

834db283.jpg

c0d8dcfe.jpg

66da8a82.jpg

アオアシシギ
6c26e6c4.jpg

アカアシシギ
83b20294.jpg

クサシギ
5c81e332.jpg

エリマキシギ ♀?
d7bf1f02.jpg

他にも居たが撮れなかった。
.

9/28 茨城県

オグロシギ
全長約38 cm
ユーラシア大陸の中部から北部で繁殖し、アフリカ、インド、オーストラリアで越冬する。
日本では旅鳥として春と秋に渡来するが、数はあまり多くない。尾羽が黒い。 (以上、ウィキペディアより)

この日、3羽のオグロシギが居た。
中央上に2羽。その下方に1羽。尾羽の先端が黒い。
3d37bdac.jpg

大勢の小さな コアオアシシギが居る
651bf140.jpg

c053dc63.jpg

真ん中の茶色はウズラシギ
243f40b6.jpg

4751aad8.jpg

右の大きな鳥は アオアシシギ
6ef23c19.jpg

アオアシシギ(青足鴫)と コアオアシシギ(小青足鴫)が居る
a37f60e0.jpg

472b8d46.jpg

63dd3f52.jpg

058e6cc2.jpg

続く・・・
.

↑このページのトップヘ