野鳥は可愛い♪ 2

鳥撮りの記録

2018年07月

7/27 埼玉

暑い日が続いたが、この日は久しぶりに幾らか涼しかった。
森も2週間ぶり。
ツミしか居ないが、ツミは先月の20日以来だ。
随分来なかったものだ。

ツミ♀     巣が見える位置にずーっと居た。 人の事は気にしていない。
2dfd96bd.jpg

     4~5mでも撮れるが、10m位離れて撮る方が多かった。
64b9f186.jpg

     オスから餌を貰った。 オスはすぐに飛んで行ったので撮れなかった。
8340bfac.jpg

3ba270d7.jpg

e5be7507.jpg

     元の枝に戻った
b76c52b9.jpg

923cea3f.jpg

     またオスから餌を貰った。 前回から 1時間しか経っていない。
f08e704b.jpg

885b4801.jpg

eb141178.jpg

d537a3c0.jpg

     餌から離れた。 まだ要らないみたいだ。 餌をここに残して定位置に戻った。
deae33e6.jpg

ツミ♂    2回目に来た時に撮ったが暗かった。 メスに餌を渡す場面は見られなかった。
2818276a.jpg

238e0925.jpg

ネアカヨシヤンマ    トンボに詳しい人から教わった。
313d7456.jpg

ツミ♀が残していった餌(小鳥)、台風で真下の遊歩道に落ちたかな?

また暑い日が続くのだろうなー
どうしょう?
.

7/4-9 小笠原航路

帰りの航路、三宅島を過ぎた頃から数羽のクロアシアホウドリを見る。
どれも遠かった。

クロアシアホウドリ      体長70cm、翼開長は210cm。   大きい!
                  太平洋側で一年中観察される。
バタバタをやっていた
c9d7a5fa.jpg

a2db1c63.jpg

d7320379.jpg

b2eff839.jpg

906b39aa.jpg

ca12f2c6.jpg

コシジロウミツバメ      体長21cm、翼開長は48cm。   小さい。

往復の航路で何度か見かけた。
7dae09f3.jpg

7a173e41.jpg

その他、鳥以外で撮ったもの。

トビウオ
dcff700c.jpg

バンドウイルカ    硫黄島周辺で、しばらく船に付いて来た。 カメラをほぼ真下に向けて撮影。
ffc9da86.jpg

海上自衛隊の潜水艦    往路、東京湾で遭遇。
9723b56f.jpg

海上自衛隊の護衛艦 「てるづき」    復路、東京湾に近付いた所で遭遇。
99b142f1.jpg

小笠原航路はこれで終了です。
船上が多かったので、たいして歩かなかったけど、バランスを取ったりで結構疲れました。
でも、初めての鳥が多かったので楽しかったです。
.

7/4-9 小笠原航路

ミズナギドリは6種類を撮った。
内5種類は初見初撮りだった。

オオミズナギドリ     体長49cm、翼開長は122cm。ミズナギドリ科では大型種。ウミネコと同じ位。
               日本近海で良く見られる。
               東京湾を出る頃から現れ、遠ざかるに連れ見えなくなった。
ハゲのおじさんみたい
733cf4fc.jpg

5234f24c.jpg

     数百羽の群れが居た
01d9887f.jpg

オナガミズナギドリ    体長39cm、翼開長は97cm。尾羽は長く楔形。
                御蔵島を過ぎた辺りから、オオミズナギドリに代わるように現れだした。

f9b45e7a.jpg

61b274e3.jpg

1d97648e.jpg

アナドリ           体長27cm、翼開長は61cm。 小さい。全身は黒褐色。
                御蔵島を過ぎた辺りから、オオミズナギドリに代わるように現れだした。
近くを飛んでくれた
fcbc4f65.jpg

a70b353d.jpg

8af475db.jpg

シロハラミズナギドリ   体長31cm、翼開長は69cm。下面は白く頭部は黒い。
                小笠原に近くなってから現れだした。
近くに来てくれない
20bf82be.jpg

b793edaf.jpg

dcb315ac.jpg

クビワオオシロハラミズナギドリ   体長43cm、翼開長は97cm。後頸部が白い。 希に見られる。
                       時期的には見られない鳥だが、台風の影響か?

いきなりの珍鳥。1回目は撮れず焦った。2回目で撮れてホッとした。
d5a47d58.jpg

b9c24ffa.jpg

ad59829b.jpg

セグロミズナギドリ          体長31cm、翼開長は69cm。
                      1974年以前は「オガサワラミズナギドリ」の和名で呼ばれていた。
                      2018年1月、DNA分析の結果、セグロミズナギドリとは全くの別種だと発表された。
撮れなかったかもと思っていたが、それと知らずに撮って居た。
c4e263f7.jpg

ed25fd6e.jpg

b9313f4a.jpg

海鳥は今までほとんど撮って来なかった。
みんな珍しく思える。
.

7/4-9 小笠原航路

今回のツアーで5種のアジサシを撮った。
全て初見初撮りだった。

クロアジサシ     体長40-45cm、翼開長は75-86cmほどで、ハトより大きい。
             全身黒褐色で額から頭上は白く後頭部が灰褐色。

1羽が長い時間、近くを飛んでくれた。
c1fd3403.jpg

70941504.jpg

c0dd002c.jpg

c86a2756.jpg

ヒメクロアジサシ   体長35cm-39cm、翼開長は66-72cmで、クロアジサシに似ているが、より小さくより黒い。
             頭部は後頭まで白い。 嘴は細くて長い。

10羽以上の群れの中に、クロアジサシに混じって数羽のヒメクロが居た。
前の1羽がヒメクロ
c8e2ad48.jpg

     嘴は細くて長い
55b45a2d.jpg

eb1480fe.jpg

シロアジサシ     体長25cm-30cm、翼開長は76-80cm
             全身白色。嘴は暗青色。
755ce716.jpg

9f8cfbcd.jpg

83c9f244.jpg

e05077fa.jpg

セグロアジサシ   体長36cm-45cm、翼開長は82-94cm
             額、首、腹は白だが、背中側はほぼすべてが濃い黒褐色。
fe785199.jpg

bf37ed84.jpg

1e5ec2f0.jpg

オオアジサシ    体長43cm-53cm、翼開長は125-130cm ウミネコと同じ位の大きさ。
            黄色い嘴と黒い頭上の間が白い。
397675b7.jpg

f3114dad.jpg

クロアジサシ以外は遠かった。
.

7/4-9 父島・南島

カツオドリの営巣地を訪ねた。
公認のガイドに従って上陸。
ほとんどのカツオドリは子育てが終わっていて、少数が残って居た。

カツオドリ♀    上陸地点の近くに居て驚いた。抱卵中みたいだった。
3d21c93c.jpg

     ペア。青い顔はオス。
c580a9c6.jpg

32768b26.jpg

     崖の上の方にヒナが見えた
0434d5e7.jpg

     ヒナを抱いている? 暑さから守っているのかな?  オスの子守が多い。
76f9041d.jpg

     こちらはメス
4ce68b03.jpg

     オス
9d939f16.jpg

     帰りの船の中から
cae7ebb7.jpg

7a719073.jpg

a36a6af9.jpg

40d4e0ee.jpg

オナガミズナギドリ    みちばたの藪の中で抱卵中
fd53b60e.jpg

島では決められた道しか歩けない。
鳥達の為に良い事だと思う。
.

7/4-9 小笠原航路

カツオドリは毎日見られた。
船に付いて来て、船に驚いたトビウオ(飛び魚)が飛んで逃げるのを捕まえる為だ。
今回、そのシーンを撮りまくった。

カツオドリ♀   顔が黄色っぽい
04057058.jpg

8a21baa4.jpg

     トビウオを追う
855ce0eb.jpg

06d471a7.jpg

     トビウオにタイミングを合わせようと・・・ ?
a7de208e.jpg

     捕ったーー!
05079c61.jpg

     1羽が飛び込むと、横取りしようと次々に4羽が飛び込んだ。 一番左が捕らえた。
6551c6c9.jpg

     追う!
81cf066c.jpg

9af6e499.jpg

     捕らえた!!
48dab567.jpg

     寄こせーー!
ac0dedea.jpg

     飲み込んで逃げ切った。
6f6a1359.jpg

     独り占め ♪
d834b7ed.jpg

     オスが追う!
d4caaee4.jpg

     3羽が追う。 前の2羽はその先のトビウオを見て居て、後ろのトビウオに気付いて居ない。
dcc7d240.jpg

     前の2羽も気付いた。 トビウオは急停止。
2bd3bb86.jpg

     別のシーン
aa46f686.jpg

船に付いて来るカツオドリ、何度か1m位まで寄って来た。
望遠レンズでは近すぎて撮れない。
撮りたかったトビウオを捕まえるシーンが撮れて満足。
カツオドリ、多い時で20羽位が付いて来た。
.

7/13 埼玉

小笠原航路は一回休み。

フクロウ雛のその後が気になって見に行った。
3羽の雛の内、2羽が見えるところに居た。

1羽目
51ab20e1.jpg

fea4d1e6.jpg

9a933c78.jpg

2羽目
6137297c.jpg

26d7c9c7.jpg

一緒になった
4476cab3.jpg

b07c4175.jpg

f32111ee.jpg


タマムシが居た
3b585a3f.jpg

51596c11.jpg

ゴマダラチョウも居た
6bc5320f.jpg

この日から森へは行っていない。
連日の猛暑で出かける気がしない。
.

7/4-9 父島・母島

父島ト母島で会った陸の留鳥達。
5日に父島でアカガシラカラスバト幼鳥とイソヒヨドリ幼鳥(たぶん?)に会った。
7・8日は母島で色々な鳥に会えた。

アカガシラカラスバト  小笠原諸島に分布する固有亜種  ドバトより小さい
               絶滅が危惧されたが、野猫の捕獲が進んだ為、近年アカガシラカラスバトが増えて来た。
               天然記念物 絶滅危惧IA類 (CR)

アカガシラカラスバト  幼鳥。父島で。
2120903f.jpg

    母島で
63cae554.jpg

965fd9ed.jpg

オガサワラノスリ    小笠原諸島に分布する固有亜種  やや小型
               天然記念物 絶滅危惧IB類 (EN)

fd64ebe9.jpg

    幼鳥? 嘴の基部が黄色い
f46c217e.jpg

    2羽が飛んで居た
4dbd2bdb.jpg

9afe62b1.jpg

ハシナガウグイス    小笠原諸島に分布する固有亜種  やや小型で嘴が細く長い
d91a4c18.jpg

23fe9580.jpg

オガサワラヒヨドリ    小笠原諸島に分布する固有亜種  体色が濃いとされる
bcbdb752.jpg

255f63a4.jpg

メジロ    雛にパパイヤを与えていた
b60eb735.jpg

b558ec3e.jpg

イソヒヨドリ  父島で 幼鳥
227daa82.jpg

    母島で 幼鳥
46662821.jpg

トラツグミ
824c1ea1.jpg

オガサワラカワラヒワには会えなかった。
渡り鳥のムナグロとキョウジョシギは居た。
小笠原諸島にはスズメやカラス、ドバトは居ない。
留鳥は少ない。
.

7/4-9 母島

ハハジマメグロ (母島目黒)  体長14cm (メジロは13cm)
父島や聟島等に居たメグロが絶滅し、今は母島列島のみにハハジマメグロ が生息する。
日本固有種
特別天然記念物
絶滅危惧IB類 (EN)

食性は雑食で、昆虫、クモ、果実(ガジュマル、パパイア)、花粉などを食べる。  (Wikipedia より)

メグロ は何時か会いたいと思っていた。
島に上陸し、神社の入り口で初めて見かけ、何とか撮れた時は感激した。
その後、神社や集落を離れた所で大勢見かけた。
特に、数カ所でパパイヤの実を食べに集まっていた。

7/7 午後

メグロ    初めての撮影
845e6f44.jpg

    神社で
e547c7c1.jpg

a27c31b8.jpg

d2cd4cb6.jpg

    これは近かった
d2dd1463.jpg

    パパイヤの実を食べに来ていた
bae070d1.jpg

    別の場所のパパイヤ  メジロも大好き
b024709d.jpg

    メジロが先。 メグロは順番待ち。
db580555.jpg

    反対側にも メグロ
cf1e926d.jpg

b1d4b608.jpg

    ほぼ食べ尽くした
4bd0767c.jpg

7b72b9ad.jpg

    3カ所目のパパイヤ  島内にはたくさん有る様だ
729d75a4.jpg

7/8 午前

前日の2カ所目のパパイヤ。 但し、前日とは反対側。
9f36113b.jpg

    メジロが突いている。 このメジロ、近くに巣立ち雛を待たせていた。
a757f515.jpg

d6dc7b19.jpg

b74be32c.jpg

    木の実を食べていたのかな?
1b5faafa.jpg

688bec94.jpg

歩いての探鳥だったので近くしか行かなかった。
それでも大勢のメグロに会えた。
このツアーで一番会いたかったメグロ。
堪能した!


※独立行政法人 森林総合研究所 プレスリリース  平成20年10月17日
メグロは母島列島の3島(母島、向島、妹島)に生息しているが、これら3つの島は数キロしか離れていないのですが、
DNAや形態の差異を調べた結果、メグロは島の間をほとんど移動しないことがわかりました。
各島のメグロは、それぞれ異なる進化の道を歩み始めている可能性があります。 (抜粋)
.

7/4-9 硫黄島周辺、小笠原航路

アカアシカツオドリ (赤足鰹鳥)  体長66-77cm 翼長124cm-142cm     (日本の野鳥650 より)
太平洋などの熱帯・亜熱帯の島しょ部に生息。
南硫黄島での集団繁殖が確認されている。
雌雄同色。
全身は白色(白色型)や灰褐色(褐色型)の羽毛で覆われる。
白い羽毛で覆われるが、翼上面の色彩が灰褐色(さらに頭部から体上面も灰褐色)の個体もいる(中間型)。
                                                       (Wikipedia より)
硫黄島周辺で何度も近くまで来た。
また、母島航路で幼鳥が、三宅島近海を過ぎた辺りでは成鳥が飛んで居た。

アカアシカツオドリ (下方)  上方は カツオドリ
b984bde9.jpg

    幼鳥
16f27ea8.jpg

    顔は成鳥だけど・・・ 亜成鳥?
1dee3087.jpg

    ほぼ真上を通った
74bcb969.jpg

    左は幼鳥。 一緒に飛んで居た。
08559e30.jpg

    亜成鳥? 嘴が青く基部はピンク色
31802631.jpg

    成鳥。 全身が白色。  島をバックに近くを通った。
fb8d5846.jpg

a77e4fe4.jpg

    これも近かった
110e6344.jpg

9f22366a.jpg

    尾羽が黒い。 少し若い?
945fc2f6.jpg

1dae0238.jpg

    赤い足がハッキリ見える
6a7a85a8.jpg

    三宅島近海を過ぎた辺りで
bf8d72d6.jpg

d0aaf639.jpg

他では滅多に見られない鳥で、会えて嬉しい。
成鳥と幼鳥・亜成鳥の区別や、白色型・中間型・褐色型の区別が良く判らない。
.

7/4-9 硫黄島周辺

東京から船で24時間で父島に到着。
さらに硫黄島周辺と母島にも寄った。
船内4泊、母島1泊の長いツアーだった。

硫黄島周辺で撮った アカオネッタイチョウ・シラオネッタイチョウを載せる。
アカオネッタイチョウは長く赤い尾を持ち、シラオネッタイチョウは長く白い尾を持って居る。
両方とも同じ海域に居た。

アカオネッタイチョウ (赤尾熱帯鳥)  体長78-85cm 翼長104-119cm 尾羽長30-35cm

シラオネッタイチョウ (白尾熱帯鳥)  体長70-82cm 翼長90-95cm 尾羽長33-45cm
                                                        (日本の野鳥650 より)
アカオネッタイチョウ
1bb9d03c.jpg

    雲がバックになった
cd97878f.jpg

    船の真上まで飛んで来る。 好奇心が強い様だ。
8c1aed31.jpg

0fe95200.jpg

    島をバックに
acfda917.jpg

7b5e9062.jpg

82a00c19.jpg

ce45a83e.jpg

    海面も飛んで来る
bdc9110d.jpg

    尾羽が短い。 切られた?
55c1fbd6.jpg

    島には大勢居た
66133e8a.jpg

    島から向かって来た
96a5dad5.jpg


シラオネッタイチョウ    遠くに居て近寄っては来ない。 船と島との距離から、500m前後で撮っていると思う。
fa591b3d.jpg

    大幅にトリミングしている
565632ff.jpg

アカオネッタイチョウの赤い尾は見えにくい
シラオネッタイチョウの白い尾は遠くても見えやすい
実際、ファインダーを覗いていても判った。
つまり、写真の鳥に白い尾が見えない場合、シラオネッタイチョウでは無いと思う。

数は、シラオネッタイチョウの方が圧倒的に少なかった。
もっと近くで撮りたい鳥だ。
.

7/4 埼玉

7/8 に3番子が巣立ったらしい。
昨年と同じ個体のフクロウが昨年と同じ巣箱でヒナを孵した。
私は4日に行って、巣立った一番子と巣箱に居た二番子を撮った。

二番子
95a2b680.jpg

一番子
1f47702e.jpg

    どんどん木を登っていった
1d832dac.jpg

    高い所で停止
201fb008.jpg

    前に有った枝に飛び移ろうとして失敗し落下。 途中の枝に止まった。
17cbc4f4.jpg

    首に掛かった枝が邪魔で動けない。 ジタバタが始まった。
a8b14e80.jpg

55aa448c.jpg

a9eef31a.jpg

7fa26325.jpg

dcd3d798.jpg

d02b0bde.jpg

3e9d2717.jpg

    やっと抜け出した。 8分掛かった。
36065d18.jpg

    しばらく休憩。
ebf3e4dd.jpg

親。 昨年と同じ場所に居るのを見つけた。
0ba179f2.jpg

親は毎年来ているフクロウの様だ。
5月末に別の森に来ていたフクロウは、新顔の若い個体だと聞いている。
これからは「フクロウの森」に相応しく、毎年2羽が来るのかな?
楽しみだ。
.

7/1 都内

この日、午前中は風も強く無かった。
ヒナの居る巣も親はたまに帰って来るだけ。
ササゴイの飛びもまずまずだった。

ce5cc352.jpg

d772f159.jpg

eb140a1b.jpg

82d2da1a.jpg

586583cb.jpg

カイカイ
285c7659.jpg

羽根を思い切り下に伸ばした
c75ad452.jpg

692ad89b.jpg

2839032c.jpg

3羽のヒナ。 巣は池と鉄柵で守られており、誰も近づけない。
512b1388.jpg

首を伸ばした
cb738c1d.jpg

e0330524.jpg

16df2807.jpg

eb5f2fdb.jpg

739ce4d5.jpg

9eb2d400.jpg

飛び降り
0c24c23c.jpg

ヒナが育った頃、また見に来よう!


 しばらく遠くへ行って来ます。
.

7/1 都内

先日と同じ公園。
ササゴイはたくさん撮ったので後回し。
この日はカルガモが2組。
4羽の小さい子が居るグループと、6羽の大きな子のグループ。
先日のカルガモ達は元々この二組だったのかな?

6羽の大きなグループ    地上に居た
f41e1b47.jpg

    池に移った
9edbbbae.jpg

    親が走ったら子供達も走った
e2981fec.jpg

    親がバタバタ
ba719f1e.jpg

    子供もバタバタ  体は大きくなったが羽は未だ小さい
65fb245f.jpg

4羽の小さいグループ
db155baa.jpg

3bb3d3b3.jpg


この日はカイツブリの親子も居た
32704977.jpg

バンは2羽の成鳥を見た
3d264917.jpg

イワツバメは水を飲みに来なかった  たまに飛んだだけ
e3869c0b.jpg

d883229f.jpg

この公園のスズメ達は釣り人や散歩の人からパンを貰って居る。
その為、大勢が側に来る。

スズメの親子
b5a72460.jpg

自立した小すずめ   尻尾が無い。 無くても困らないが、直に生えて来るだろう。
f369dffa.jpg

ササゴイ�Uに続く・・・
.

6/29 都内

ササゴイはたまにしか飛ばなかった。
今年初めてなので普段の様子は判らない。
強風の所為かな?
それでも着いてすぐに飛んだのが撮れた。

bbe922bf.jpg

c9619284.jpg

e9373d95.jpg

d6b57b4d.jpg

8ec1a40d.jpg

43c555b9.jpg

割と近くを飛んだ
6b67e2c2.jpg

3beb3672.jpg

林の中へ入って行く
7dbfd970.jpg

着いて1時間半後、枝を銜えて公園の外へ飛んでいった。 他所で営巣しているのかな?
a8b33756.jpg

f132d395.jpg

546bcebb.jpg

抱卵していたササゴイが飛び出した。 交代の為だ。
fbed3aba.jpg

aca1ce6d.jpg

649265e8.jpg

交代したササゴイ。 
13a70cbb.jpg

別の巣では2羽の成鳥が居た。
f258e58e.jpg

帰る支度をしていた時に飛んだ。
7647f6c1.jpg

383d388d.jpg

後で判った事だが、抱卵していると思って居たササゴイの腹の下に3羽のヒナが居た。
強風でヒナが飛ばされないように押さえていた様だ。
交代したササゴイの方だ。
風速は毎秒10mは超えていただろう。
もっと穏やかな日に再度来たいと思う。
.

↑このページのトップヘ