野鳥は可愛い♪ 2

鳥撮りの記録

2019年08月

8/29 埼玉


ツツドリ狙いのカメラマンは10人以上居た。
見失っている所だと言う。
待っていると他の人が見つけてくれた。

ツツドリ
190829tutu1
190829tutu2
190829tutu3
190829tutu4
190829tutu5
190829tutu7
190829tutu8
190829tutu9
ツツドリは2羽が居た。
先日のツツドリと同じかな?

8/29 埼玉

近い方の森へ行った。
風が無く、蒸し暑い。
鳥の姿や声も無く、居るのはセミとヤブ蚊だけ。
知り合いに会い、センダイムシクイが居る場所を聞いたので移動する事にした。

センダイムシクイはシジュウカラやメジロ、コゲラと一緒に居た。
どうも2羽が居た様だ。
久しぶりのセンダイムシクイ、これから南に帰る。

センダイムシクイ
190829sen04
190829sen06
190829sen07
190829sen08
190829sen09
    虫を捕まえた
190829sen10
190829sen11
190829sen12
シジュウカラ   子供を含めて一番多かった。
190829sijyu2
コゲラ
190829kogera1
メジロ   虫を銜えて居る
190829mejiro2
お昼を食べ、他の森へ行ったが成果無し。
またここへ戻って来たが、みんな居なくなって居た。
ツツドリを撮りに行く。

8/25 埼玉

2週間ぶりの鳥撮り。
ツツドリが入ったと聞いて公園へ。
2羽のツツドリが居た。

ツツドリ
190825tutu1
190825tutu3
190825tutu4
190825tutu5
190825tutu6
190825tutu7
190825tutu8
ツツドリを探していてスズメ蜂の巣を見つけた。
地面から70cm位の桜の木に有った。
1mちょっとに近付いて見ると、たくさんの蜂が居た。
何もしなければ刺されないが、一応そっと離れた。
後で公園の関係者に知らせておいた。

スズメ蜂の巣
190825suzume1
秋の帰りの渡りが始まった。

8/11 千葉

また珍鳥情報を貰ったので行った。
あいにく、この日は帰省ラッシュ。
1時間オーバーの3時間で到着。
カメラマンは20人位。
帰るときは30人位になっていた。

コシジロウズラシギは50羽位のミユビシギに混じっているらしい。
最初のうちは、自分では発見不可能。
詳しい人が見つけてくれて判った。
ミユビシギより小さく、背中が濃い。
端っこに居る事が多い。
等でだんだん判る様になった。

コシジロウズラシギ
190811kosi01
190811kosi02
190811kosi03
190811kosi04
飛び立つ直前、腰の白い所が見えた
190811kosi05
手前
190811kosi06
190811kosi08
190811kosi09
190811kosi13
190811kosi17
一番右
190811kosi19
左から2番目
190811kosi21
190811kosi23
190811kosi26
ミユビシギ
190811miyubi2
190811miyubi4
ウミネコ    親分みたい
190811umi1
右側は幼鳥
190811umi2
今度は珍鳥が撮れた。
時間を掛けて来た甲斐が有った。
とは言え、帰りも渋滞で3時間。

8/3 千葉

珍鳥情報を貰って行ったが見つからなかった。
10時までは居たと言う。
高速が随分渋滞していたからなー

まあ、色々な鳥に会えたから良しとする。

キョウジョシギ
190803kyo2
190803kyo5
開いた貝を漁っていた
190803kyo6
ミユビシギ   トウネンより大きいが、単独で見ると判りづらい。 嘴の長い方がミユビシギ。
190803miyubi1
190803miyubi3
190803miyubi5
トウネン
190803tonen3
190803tonen6
オバシギ
190803oba2
ミユビシギよりも大きい
190803oba4
ハシブトアジサシ    まだ居たが、ほとんど飛ばなかった。
190803hasi4
ミヤコドリ   この子は片足が途中で無くなっていた
190803miyako3
メダイチドリ   オオメダイチドリよりも嘴が短い
190803medai1
190803medai2
アオアシシギ?    はっきり言って判らない。 シギ類は苦手だ。
190803aosigi2
190803aosigi1
この日の夕方は海水浴場の花火大会。
珍鳥はみんな居なくなった?

8/1 千葉

ホウロクシギと一緒に居た、チュウシャクシギとオオソリハシシギ。
チュウシャクシギの1羽は左足を痛めている様で、他の鳥達と離れている事が多かった。
警戒心も強く2~3回、真っ先に飛んで逃げだした。

チュウシャクシギ
190801tyu02
190801tyu03
   この子が左足を痛めていた。 口元が赤い。
190801tyu06
   この様に休む事も多かった
190801tyu07
   左足をブラブラさせている
190801tyu08
190801tyu09
   別のチュウシャクシギ。 カニを銜えて居る。
190801tyu15
190801tyu16
   2羽のチュウシャクシギ
190801tyu20
オオソリハシシギ
190801osori01
190801osori03
190801osori04
190801osori05
190801osori07
190801osori10
   腰を低くして撮っていたら、10数mまで近付いて来た。
190801osori11
他にはシギ類は見なかった。
早めに帰った。

8/1 千葉

道路も園内も車が一杯。
ほとんどが潮干狩りの様だ。
夏休みで子供も大勢居る。
カメラマンは? 一人見つけた。
帰るまでに5~6人は居た。

カメラマンが居ないので、自力で鳥を探す。 ☆\(--メ
ホウロクシギらしき鳥を見つけたので行く。
そこには、ホウロクシギとオオソリハシシギ各1羽と3羽のチュウシャクシギが居た。

ホウロクシギ   体長60cm
オオソリハシシギ 体長39cm
チュウシャクシギ 体長42cm

ホウロクシギ
190801horoku05
190801horoku02
190801horoku04
190801horoku07
190801horoku08
190801horoku09
カニを銜えて居た
190801horoku10
190801horoku16
190801horoku20
190801horoku24
190801horoku30
190801horoku32
190801horoku33
190801horoku35

ホウロクシギは今まで2回撮っているが、いずれも遠かった。
今回は最短15mと近かった。
来て良かった。

7/29 千葉

ハシブトアジサシの他にミヤコドリやオオメダイチドリ、ウミネコ等が見られた。
ウミネコは大勢居た。
ミヤコドリは5~6羽かな?
オオメダイチドリは3羽。幼鳥らしい。

ミヤコドリ
4231729a.jpg

c103aa0b.jpg

5f7d6cbf.jpg

    貝かと思ったが、違う様な気もする。
5fc81d44.jpg

bf55f892.jpg

772f420e.jpg

e35f82b8.jpg

58421522.jpg

ウミネコ
6efe718e.jpg

オオメダイチドリ    カニを銜えた
f1d8f4be.jpg

     カニを放り投げた。 後でまた銜えたが。
8b0f13cd.jpg

bd196c62.jpg

     銜えて居るのはカニ? 違う様な気もする。
a66566aa.jpg

8213f655.jpg

d5adcf02.jpg

fac47df9.jpg

海水浴場の方までは行かなかった。
もっと別の鳥も居たらしい。
.

↑このページのトップヘ