野鳥は可愛い♪ 2

鳥撮りの記録

2020年02月

2/28 埼玉

風も穏やかで暖かい日だった。
公園に着くと、タゲリが見えた。
その数、28羽。
飛ばしてしまったので判った。 汗
この日のレンジャクは紅のみ5羽。
黄色は前日から居ないと言う。
水場が以前と違う場所に作られていた。
ヒレンジャクだけ先に掲載する。

ヒレンジャク
200228hiren01
200228hiren11
200228hiren15
200228hiren19
200228hiren23
200228hiren24
200228hiren25
200228hiren28
200228hiren30
          首を長~~く伸ばしている。
200228hiren31
200228hiren33
200228hiren36
200228hiren38
          水場にシメが居たので手前に降りた。
200228hiren39
200228hiren40
200228hiren41
200228hiren51
200228hiren52
タゲリ他の鳥は後で掲載。

2/25 埼玉

4羽のヒレンジャクと数羽のキクイタダキ。
キレンジャクとヒレンジャクの居た水場にキクイタダキが降りてきた。
今までに無かった事だ。
ただ、キクイタダキは小さすぎるし遠いし、難しかった。

ヒレンジャク
200225hiren01
200225hiren02
200225hiren07
200225hiren09
200225hiren12
200225hiren13
200225hiren15
200225hiren17
200225hiren18
キクイタダキ
200225kiku1
200225kiku2
200225kiku5
200225kiku6
200225kiku7
200225kiku8
これからもキクイタダキの水浴びに期待。

2/25 埼玉

ヒレンジャクの丘に直行した。
10数人がカメラを構えていた。
ヒレンジャク4羽が居ると言う。
早速撮り始める。
その内、キレンジャクが居るとの声が聞こえた。
後から来た様だ。
これで、ヒレンジャク4羽とキレンジャク1羽になった。
20分で全員居なくなったが、1時間半後に戻って来た。
キレンジャクはヒレンジャクよりも多く、水を飲みに降りてきた。
この日は一日曇っていたので色は出ないし、シャッター速度も低めだった。

たくさん撮ったので2時前に撮影を止めて帰った。
2回に分けて掲載する。

キレンジャク  水を飲みに降りてきた。
200225kiren02
          すぐ近くへ飛んできて留った。 驚いた!
200225kiren03
200225kiren04
           ヒレンジャクが先に来ていた。
200225kiren07
200225kiren08
200225kiren10
200225kiren11
200225kiren13
           尻尾の先の「黄色」が、後ろの色と一緒で見分けにくい。
200225kiren14
200225kiren17
200225kiren22
200225kiren23
200225kiren26
200225kiren28
200225kiren33
200225kiren34
200225kiren35
200225kiren37
ヒレンジャク・キクイタダキに続く・・



2/24 埼玉

この日の朝は、レンジャク3羽とレンジャク1羽が居たそうだ。
飛び去ったので戻って来るのを大勢が待って居た。
振替休日で暖かく風も無い。
後から来た人は駐車場が一杯で、予備の駐車場を使っていた。

この日のイカルは12羽を確認。
側に水も用意されていた。
大勢のキクイタダキがこの日もヤドリギに来ていた。
虫が多いのだろう。
広場をオオタカが飛んだのをかろうじて撮れた。
2時頃、大勢が待って居る所とは別の所にレンジャク4羽が来ていた。
逆光と枝被りで禄に撮れない内に飛んでいった。

イカル  9羽が撮れた。
200224ikaru02
200224ikaru03
200224ikaru04
200224ikaru08
200224ikaru09
200224ikaru10
200224ikaru11
          飛び降りた。
200224ikaru12
          上手い具合に陽が当たって青が綺麗に光った。
200224ikaru15
          ここが水飲み場。
200224ikaru16
200224ikaru17
キクイタダキ
200224kiku3
200224kiku4
200224kiku5
オオタカ
200224otaka1

2/21 埼玉

朝はヒレンジャク1羽が居たとか。
ヒレンジャクの所へ行って待つが、全く来ない。
昨日20羽以上が居たと言うイカルは2羽が居た。
そのイカルが居なくなった後、森を廻ってはレンジャクの所へ戻る、の繰り返し。
イカルは1時間後に4羽が来ていた。
その後、5羽になったらしい。
レンジャクの所で動きが有ったので行って見た。
キクイタダキ数羽がヤドリギに入ったり近くで飛んだりしていた。
結局、レンジャクは来なかった。

イカル
200221ikaru02
200221ikaru05
200221ikaru07
200221ikaru08
200221ikaru10
200221ikaru11
200221ikaru12
200221ikaru13
200221ikaru15
          ハクセキレイがイカルの近くで動き回っていた。
200221ikaru17
200221ikaru19
キクイタダキ
200221kiku2
200221kiku3
シロハラ  撮れる鳥が少ないのでシロハラも人気が有った。
200221siro1
ヒレンジャクが安定しない。
来たり来なかったりと。
イカルも大勢居たのに何処へ行った?

2/20 都内

昨年の春頃からたまに名前の判らない鳥の鳴声を聞くようになった。
2ヶ月位経った頃、鳴きながら飛んでいくワカケホンセイインコを見かけた。
調べたら、平成30年頃から1kmと離れて居ない公園に居ると知った。
この日、散歩コースの公園で初めて晴れた日の写真が撮れた。
4羽居たが、この冬から良く見かける様になっている。

ワカケホンセイインコ
200220wakake01
200220wakake03
200220wakake05
200220wakake06
200220wakake07
          3羽一緒200220wakake08

200220wakake10
200220wakake11
メジロ  散歩コースの後半、メジロを見かけた。
200220mejiro1
200220mejiro2
200220mejiro3
200220mejiro5
200220mejiro6
200220mejiro7
200220mejiro8
200220mejiro9
ワカケホンセイインコ、行動範囲を広げている様だ。
数も増えていくのだろう。
嬉しくない事だ。

2/19 埼玉

森に着くとヒレンジャクが居ると連絡が入った。
急いで行くと後ろ姿の1羽が見えた。
シャッターを押した瞬間飛び去った。
その上空、低い所を飛ぶオオタカの姿が見えた。
残念ながら木々が邪魔で撮れなかった。

12時ちょうどに2羽のヒレンジャクが戻って来た。
それからはずーっと居て、3時に帰るときも居続けた。

ヒレンジャク  昼に2羽で戻って来た。
200219hiren04
          宿り木の実を銜えて居る。
200219hiren06
200219hiren12
200219hiren16
200219hiren17
200219hiren20
200219hiren21
200219hiren23
200219hiren24
200219hiren26
200219hiren29
200219hiren30
200219hiren31
          レンジャクと言えば、長~~~い糞。
200219hiren32

          水を飲みに汚い所に降りた。
200219hiren37
オオタカ幼鳥  1時頃、高い所を飛んで居た。
200219otaka1
キクイタダキ  昼前、ヒレンジャクが来る前に森の中で撮った。
200219kiku08
200219kiku10
久しぶりに ヒレンジャクをたくさん撮った。
たった2羽だったが。

2/18 埼玉

ヒレンジャクは早朝には居た様だ。
道で雑談していると、近くの木にオオタカが留った。
オオタカは後で飛んで居るところも撮った。
森を彷徨ってアカゲラ♂♀とキクイタダキ、エナガに会った。
広場ではハイタカも飛んだ。

オオタカ
200218otaka3
200218otaka5
200218otaka7
キクイタダキ
200218kiku3
200218kiku7
アカゲラ  オス
200218aka1
200218aka2
          メス
200218akaw2
200218akaw3
エナガ  2羽で行動している姿が良く目に付くようになった。
200218enaga1
200218enaga2
200218enaga3
ハイタカ
200218hitaka2
2時半頃、帰宅。
翌日、昨日は2時半にヒレンジャクが来たと教えられた。
まあ、良いか。
先日、紅も黄色も撮っているし。

2/10 佐賀

干潟に向かったが、途中の川でタゲリやカモを撮った。

タゲリ
200210tageri2
カルガモ&?
200210karu1

干潟では満潮でないと鳥見は出来ないと言われた。
干潮では、鳥は4~5km先になるからと。
千葉の三番瀬とは違い、干潟に入ることは出来ない様になっている。
この干潟は、ラムサール条約湿地に登録され、日本一のシギ・チドリ類の飛来地だと言う。

最初に驚いたのが、ダイシャクシギが大勢居たことだ。
干潟全体では数百になるらしい。
もちろん、見えてる範囲は干潟の一部でしかない
ツクシガモも大勢いる。
ヘラサギとクロツラヘラサギも10羽位が集まっていた。
最初、ユリカモメもたくさん居ると思っていたが、全部ズグロカモメだった。
潮が満ちてくるとシギ・チドリが集まる場所が有る。
そこでは、シロチドリが100羽位居た。
三番瀬では数羽しか見たことが無い。
ハマシギも三番瀬の2~3倍が飛び回る。
さすが日本一!

ダイシャクシギ
200210dai2
200210dai3
ズグロカモメ  4~5mの距離に来た。
200210zuguro2
200210zuguro1
ヘラサギ・クロツラヘラサギ
200210hera3
200210kuro2
200210kuro4
シロチドリ  中央付近の橙はメダイチドリ。シロチドリは未だ50羽位が写っていない。
200210siro1
ツクシガモ
200210tukusi1
アカアシシギ
200210aka1
ソリハシセイタカシギ
200210aboset4
ソリハシシギ
200210sori1
ミヤコドリ  数は少なかった。
200210miyako1
ソリハシセイタカシギは遠かったが、他は割と近い鳥しか写していない。
ツクシガモ、ズグロカモメ、ヘラサギ、クロツラヘラサギ等、関東では1羽でも人が集まる。
干潟の一部しか見ていないが、驚きの連続だった。
暗い曇り空で綺麗に色が出ないのが残念だった。

干潟に来る途中、電柱に居るカササギを2回見た。
福岡空港に向かうバスで、「もしかすると」と思ってカメラを出しておいた。
佐賀市内でバスが信号で止まって居た時、近くにカササギが留った。

なんてラッキーだろう!

カササギ
200210kasasagi1
初見初撮りだった。
最後の最後で良い事が有った。 v(^-^)

2/9 長崎

鹿児島から移動して、熊本港からフェリーで長崎に渡った。
フェリー上でカツオドリとユリカモメを撮った。
その後、長崎の干拓地で探鳥。
遠くに居た タカサゴモズが見つかり、しばらく行方を見て居ると近づいてきた。
最後は電線に留ってから飛んで行った。
ここには毎年、数羽のマミジロタヒバリが越冬するとの事。
4~5羽のマミジロタヒバリを見たが、警戒心が強く遠くから撮っただけに終わった。
ハイチュウ等が飛ぶとの事だったが、遠くのチュウヒしか撮れなかった。
他はチョウゲンボウとタヒバリが撮れた。

フェリー上で
カツオドリ  4~5羽が居た。
200209katuo3
200209katuo5
200209katuo6
ユリカモメ  客の手からエサを貰って居た。
200209yuri0

干拓地で
タカサゴモズ
200209taka2
200209taka5
200209taka6
チュウヒ
200209tyuhi2
200209tyuhi3
マミジロタヒバリ
200209mami1
タヒバリ
200209tahi1
チョウゲンボウ
200209tyo1
土手下に居たマミジロタヒバリを土手上から撮ろうとゆっくり近づいて行ったのだが、
無関係のカメラマンが後ろから来て、どんどん歩いて行って飛ばしてしまった。
マミジロタヒバリには気付いていなかった様だ。
もっと近くで撮りたかった。
ハイチュウも出ないし物足りなかった探鳥だった。

この日、気温は低く風も強かった。
ジャケットの下にウインドブレーカーを着ていた。

2/8-9 鹿児島

ツル1の続き。

ナベクロヅル  クロに似ているが、喉の黒が短い。
200208nabekuro2
          翌早朝、ナベヅルの先頭にも居た。
200209nabekur2
ナベヅル
200208nabe14
200208nabe16
200208nabe17
          翌早朝、道路にエサが捲かれた。 もう一本同じ様な道路が有った。
200209nabe1
          ほとんどがナベヅル
200209nabe2
ツル以外の鳥達。

ホシムクドリ  10羽以上が居た。 ちょっと遠かった。
200208hosi08
200208hosi09
ニュウナイスズメ
200208nyu1
ツクシガモ  5~6羽居た。
200208tukusi4
ハヤブサ  連日飛んだが、ツル達は無視していた。
200208hayabusa3
他にタゲリ、タヒバリ、ハマシギ、メジロが居た。
また、ミヤマガラスが大勢居た。

2/8-9 鹿児島

2/8-10日の九州ツアー。
一度は行きたいと思っていた出水市の「ツル飛来地」。
やっと来る事が出来た。
未見のツルは、マナヅルとクロヅル。
この2種を何とか撮りたいと思った。

今回見られたツル
ナベヅル      体長:100cm
マナヅル      体長:127cm
カナダヅル   体長:95cm
クロヅル      体長:115cm
アネハヅル   体長:95cm
ナベクロヅル(ナベとクロのハイブリッド)

現地に2時前に到着。
2/1-9日の間は「ツルフェスタ」で車の通行は大幅に規制されていた。
それでも観察センターやバスに乗って撮ったが、逆光気味で今一の写真が多かった。

今季のツルの飛来数は
200208aa-hirai1
ナベヅルが圧倒的に多い。
他のツルを探した。

アネハヅル  遠かった。
200208aneha02
          飛んで少し近付いた。
200208aneha05
200208aneha06
          翌早朝、順光だが遠かった。
200209aneha1
クロヅル  一番遠かった。
200208kuro2
マナヅル
200208mana1
          短い時間だったが青空も見えた。
200208mana7
200208mana7c
          翌早朝、エサが捲かれた道路で ナベヅルに追い払われる。
200209mana2
          ナベ達と離れて食事。
200209mana3
カナダヅル
200208canada06
          順光側の近くに4羽が居た。 右端は幼鳥。
200208canada07
200208canada10
200208canada11
200208canada12
ツル2へ続く。

2/15 埼玉

水路にベニマシコが居るとの事で行った。
撮ったのは♂♀2羽だったが、3羽居るという。
ここにはカシラダカとホオジロも居た。
その後、真ん中の森でも4羽のベニマシコを見つけた。
多分、水路に居たベニマシコ達だろう。

ベニマシコ  最初にメスを撮った。
200215beni01
          イノコズチを食べていた。
200215beni03
200215beni04
200215beni05
200215beni09
200215beni11
          真ん中の森で。
200215beni14
カシラダカ
200215kasira1
ホオジロ  大勢居た。
200215hijiro1
MFでベニマシコは今季初。
数は少ないが今後も楽しみ。

2/14 都内

4羽のヒレンジャク。
昼過ぎからは水浴びも見られた。
キレンジャクが最初に水浴びをしたが、間に合わず撮れなかった。
ヒレンジャクの赤は綺麗だ。

ヒレンジャク
200214hiren02
200214hiren04
200214hiren05
200214hiren06
200214hiren07
200214hiren08
200214hiren11
200214hiren14
200214hiren15
          水浴びにはヒレンジャク4羽とも来た。
200214hiren19
200214hiren23
200214hiren26
200214hiren27
200214hiren28
200214hiren29
          水浴び後、広場へこっそり飛んでいって羽繕い。 4羽目のヒレンジャクは左下に居た。
200214hiren31
この後、東園の方へ飛んでいった。
青空で無いのでこれで止めた。


2/14 都内

ヒレンジャクとキレンジャクが来ている公園に行った。
10時前に着いたが、もう出て居た。
ヒレンジャク4羽とキレンジャク1羽だ。
たくさん撮ったので黄色と緋色の2回に分けて掲載する。

キレンジャク  樹液を舐めていた。
200214kiren01
200214kiren02
200214kiren03
200214kiren04
200214kiren07
200214kiren08
200214kiren09
200214kiren10
          舌が出て居る。
200214kiren11
200214kiren12
200214kiren13
          11時前には曇ってしまった。
200214kiren14
青空バックに撮れて満足。

2/12 埼玉

久しぶりの森だが鳥は変らず少ない。
トラツグミのポイントを覗いてからレンジャクのポイントへ向かう。
途中、アオジとシロハラ、2羽のエナガを撮る。
レンジャクはこの日も来ていない。
森の奥まで行ったが何も居ない。
帰りにルリビタキを撮る。
広場で3羽のトビが飛んで居るのを見た。
3羽は珍しい。
その後、アカハラを撮ってから、タゲリを撮りに行った。
タゲリが去った後、高い所を飛んで居たオオタカ幼鳥を撮って終わりにした。

タゲリ  6羽居た。 1羽が近くに来た。
200212tageri1
200212tageri2
200212tageri5
200212tageri7
200212tageri8
ルリビタキ
200212ruri1
200212ruri2
アカハラ
200212aka1
200212aka2
シロハラ
200212siro1
アオジ
200212aoji1
エナガ  2羽で飛んで居た。 そろそろ巣作りが始まるかな?
200212enaga1
200212enaga2
トビ  珍しく3羽で飛んで居た。
200212tobi1
オオタカ
200212otaka1
数日前に1羽のヒレンジャクが来て、すぐに去ったとの事。
中々まとまって来ない。

1/28~29 長野

オオマシコと一緒に居たミヤマホオジロ他。
また帰り道に湖で撮ったヒレンジャクやミコアイサ等のカモ達。
オオマシコとイスカ以外の鳥達。

ミヤマホオジロ  7~8羽居たが、ほとんどは逃げ足が速かった。
200129miyama3
200129miyama5
カシラダカ  ミヤマホオジロとも一緒に居たと思う。 この写真は単独時。
200128kasira1
ヤマガラ
200129yama1
コガラ
200129kogara1
湖で

ヒレンジャク  オスとメスの2羽が来て、ホザキヤドリギの実を食べていった。
200129hiren04
200129hiren05
          中々良い所には留ってくれない。
200129hiren09
200129hiren11
ジョウビタキ♂
200129jyo3
ミコアイサ  欠伸をした。
200129miko2
          川の狭い所に数十羽居た。オスが多かった。 ワカサギ狙いかな?
200129miko4
200129miko6
200129miko7
カワアイサ  7~8羽が居るのを見た。 遠かった。
200129kawa2
ホオジロガモ  遠かった。
200129hojiro1
ワカサギ  橋の上から釣っていた。一度に7~8匹が釣れる事も有った。
200129waka1
山では鳥の出が良くなかったので、日帰りはキツかっただろう。
まあ、タイミングの問題でも有るが。

1/28~29 長野

28日は30羽位の群れが上空を飛んだ。
29日は50羽位が飛んだが、撮れる所には留ってくれなかった。
29日の昼前、諦め気分で歩いて帰る途中、オス3羽メス1羽の群れが撮れる所に留ってくれた。

イスカ
200129isuka03
200129isuka05
          オスとメスが並んだ。 
200129isuka06
200129isuka08
200129isuka12
          雲の流れが速く、時々青空がバックになった。
200129isuka17
200129isuka18
200129isuka20
200129isuka21
200129isuka24
          メスの所にオスが飛んで来た。
200129isuka26
200129isuka30
15分位撮っていたが、枝で見えない時間が多かった。
もっと近くでたくさん撮りたかった。

1/28~29 長野

一泊で行った。
イスカ・オオマシコが目当てだった。
オオマシコは両日とも何回か出たが、今一良く撮れなかった。
前日の夜から雪が10cm位積もった様だった。
撮った鳥の種類は多かったので、3回に分けて掲載する。

オオマシコ  28日。曇り。 10羽以上が萩の実を食べていた。
200128oma04
200128oma08
200128oma13
200128oma14
200128oma28
200128oma31
200128oma37
          29日。霧、曇り後晴れ。 道路に7~8羽が出て居た。
200129oma03
200129oma10
          5m位まで寄って来た後、横に並んでいたカメラマンを飛び越えて順光側に降りた。
200129oma12
200129oma19
200129oma21
200129oma22
200129oma23
200129oma29
200129oma30
200129oma31
200129oma33
道路に出ていたオオマシコはミヤマホオジロと一緒だった(多分、カシラダカも)。
ミヤマホオジロは遠のいて行ったが、オオマシコは近付いてきた。
面白い差だ。

2/5 千葉

ちょびっと遠征。
MFでは撮れない鳥を探しに行ったが沈没した。
声さえ聞こえなかった。
ジョウビタキ♀とルリビタキ♀タイプは撮れた。
メジロも紅梅に来たのが撮れた。
ちょっと日陰だったが。

ジョウビタキ♀
200205jyo1
200205jyo4
200205jyo6
200205jyo7
ルリビタキ♀タイプ  2~3羽居た。1羽は若かも知れない。
200205ruri5
200205ruri6
200205ruri7
200205ruri9
メジロ
200205mejiro1
さて、次はどうしよう?

↑このページのトップヘ