野鳥は可愛い♪ 2

鳥撮りの記録

カテゴリ: 北海道ツアー

2/26~3/1 北海道

北海道はこれで最後です。

ヒメウの塒 (寝ぐら)へ行った。
4時前からヒメウが次々と帰って来だした。
夕日に照らされて綺麗な緑色に光る個体も見られた。
全部で数百羽?
1時間位で引き上げた。

ヒメウ  これは港を出るときに撮った
bf498341.jpg

  ここから塒で
7b7e8869.jpg

4edf8561.jpg

dd197e92.jpg

00da62b5.jpg

3a8d5754.jpg

他の鳥達

カワガラス  シマフクロウの宿の前で朝に撮った
3b32dd17.jpg

247b448b.jpg

6e26b435.jpg

5c545a22.jpg

アカエリカイツブリ  落石クルーズ船で
2d4be3ec.jpg

ハヤブサ  同じく落石クルーズ船で
0be3df07.jpg

他の動物達

アザラシ
7deb3e8c.jpg

ラッコ  両手で貝を抱いていた
c93db554.jpg

キタキツネ
c9c2101f.jpg

エゾシカ
ff7e566c.jpg

やっと終わった。
天気が良かったのでたくさん撮ることができた。
何時もこうだと良いけどね。

最後に落石クルーズ船に乗った時の話。
ツアーガイドが船で鳥を見つけて知らせてくれます。
その方向を時計に見立て、正面を12時、右真横を3時、後方を6時、左真横を9時といった具合に。
今回、興奮したガイドが、「11時50分に○○」と繰り返した。
11時50分? 12時では無く? 11時でも無く? 50分の10時の方?
まあ、大体の方向は判るけど・・・
これが2~3回有った。
後で聞こうと思ったけど忘れてしまった。
まあ、これも楽しい思い出になった。 (^^)ニコ
.

2/26~3/1 北海道

道東の海や漁港で良く見られるカモ達は多い。
次の3種もそうだ。

シノリガモ  オス
2735eee8.jpg

  メス
357ed170.jpg

  先頭はビロードキンクロ
02926a57.jpg

0095f8b3.jpg

5fd14940.jpg

9a2f52bb.jpg

ビロードキンクロ
5e38ffe9.jpg

8682feb3.jpg

クロガモ  オスとメス(手前)
bcb14109.jpg

  オス
06bd89ef.jpg

d85b04ac.jpg

aefb7a35.jpg

0784f735.jpg

05e0ef93.jpg

シノリガモ : カモ科 体長オス43cm
クロガモ  : カモ科 体長オス48cm
ビロードキンクロ : カモ科 体長オス55cm
.

2/26~3/1 北海道

道東の海や漁港で良く見られる。
犬に似たカモだ。

コオリガモ  オス3羽
60d61517.jpg

209367e8.jpg

左は女の子
bc18d08a.jpg

似た様な犬が居るでしょう?
53740d13.jpg

536fc8b3.jpg

女の子は可愛いなー♪
6ec0b531.jpg

b980ff2b.jpg

女の子2羽
0ebbbbe5.jpg

オスは尻尾が長い
14167f31.jpg

7966f2ab.jpg

7acaea05.jpg

f14cb176.jpg

ede79917.jpg

fa83f8f4.jpg

1711edd3.jpg

コオリガモ : カモ科 体長オス60cm(尻尾を含む) メス38cm
.

2/26~3/1 北海道

コウミスズメ     :体長15cm ウミスズメ科エトロフウミスズメ属
エトロフウミスズメ :体長24cm ウミスズメ科エトロフウミスズメ属

落石クルーズ船にて

コウミスズメ  ウミスズメの仲間では一番小さい。大勢居たが・・・
d6b66229.jpg

80ffafa3.jpg

5a9c00fc.jpg

498c40e8.jpg

ee0225c4.jpg

7ac3acd0.jpg

19724ce2.jpg

c313fb22.jpg

コウミスズメは今回のツアーで一番会いたかった鳥。
警戒心が強く、船が近づくと飛んで行ってしまう。
飛んで行く後ろ姿をたくさん撮った。 (-_-;)
近くでもっとたくさん撮りたかった。

エトロフウミスズメ  会えたら良いなーと思って居た。
79a3f561.jpg

472bf31f.jpg

76c94e33.jpg

db9a57c3.jpg

b201174b.jpg

23400344.jpg

9098d8d9.jpg

b0e1e183.jpg

15089a37.jpg

エトロフウミスズメは1羽だけだった。
一度遠ざかったが、再度近くに来てくれた。
良い子だった。 v(^-^)
.

2/26~3/1 北海道

ケイマフリ:体長37cm ウミスズメ科ウミバト属
ウミガラス:体長43cm ウミスズメ科ウミガラス属

落石クルーズ船にて

ケイマフリ  目の周りが白い
50aed87b.jpg

b3b92b86.jpg

65e3ba86.jpg

6154c91c.jpg

f940433f.jpg

ab7ebca9.jpg

142eedf7.jpg

  何か楽しそうに見える
3bbfa943.jpg

61783992.jpg

7edc6a7e.jpg

  別個体のケイマフリ
beca57a8.jpg

  これも別個体のケイマフリ
1414e1c6.jpg

058517f9.jpg

ウミガラス  オロロン鳥と呼ばれている
1226b1f0.jpg

351d0069.jpg

ケイマフリは何度も出た。
ウミガラスは1羽だけ。
.

2/26~3/1 北海道

ウミバト:体長33cm ウミスズメ科ウミバト属

落石クルーズ船に乗った。
風は穏やかで波も高くは無い。
鳥に近付いてエンジンを止めると揺れが大きくなるが仕方ない。
波に揺れて鳥も上下する。

ウミバトに何度か会った。
図鑑ではウミバトの冬羽は白く夏羽は黒いとなっている。
この海域で見られるウミバトは、冬でも黒い千島型と、白っぽいアリューシャン型の2つ。
アリューシャン型は珍しいと聞いた。
実際、今回はアリューシャン型が少なく、千島型の方が数倍多かった。

ウミバト (千島型)
9719323d.jpg

618b97f4.jpg

  足は赤い
27b4225b.jpg

cf76a937.jpg

  別のウミバト
ec248119.jpg

6aaf3886.jpg

d792a36c.jpg

58bfa0d3.jpg

e4f771c3.jpg

0fd75633.jpg

  これも別のウミバト
5697e94a.jpg

ウミバト (アリューシャン型)
4996cc21.jpg

dcb1c309.jpg

8c675c70.jpg

25c3b1dc.jpg

  別のアリューシャン型
d69474b1.jpg

ウミバトに会えたら良いなーとは思って居たが・・・
こんなに撮れてラッキーだった。
.

2/26~3/1 北海道

タンチョウ その2

2羽が来た
fa0f5ccb.jpg

今度は5羽
6b42e165.jpg

3a02d93a.jpg

c97b5b13.jpg

ce7ff8ea.jpg

6ed7f0ad.jpg

5f96035f.jpg

50c5e446.jpg

50ed583c.jpg

c877c0e1.jpg

fd2ad6f0.jpg

8cde8e16.jpg

75ef6a46.jpg

02a098ba.jpg

3c577b91.jpg

マヒワ
c1e770aa.jpg

63881fb2.jpg

11時半前に次へ向かった。
.

2/26~3/1 北海道

シマエナガの来る宿を出発し、タンチョウの撮影に向かった。
到着したとき、20羽位のタンチョウが居たが、その後も大勢が飛んで来た。
ただ、逆光気味で綺麗には撮れない。
柵の前には中国人が大勢並んで居たので、隙間や後方から撮った。
また、みんなの後方に1羽のマヒワも短時間だったが来た。

タンチョウ  近くに幼鳥が居た
b48e82f8.jpg

着地後
44dd6d25.jpg

daba75c7.jpg

それ程寒くも無いので、吐く息の白さも少ない
d94ec338.jpg

301ff416.jpg

6b6cd7f5.jpg

d0767e5f.jpg

e5d308af.jpg

05791f93.jpg

9ea19892.jpg

56784b1a.jpg

出発するグループも居た
2d63fc05.jpg

ダンス!
dfdd1292.jpg

9b59c725.jpg

27f64a42.jpg

c78204e0.jpg

c877215e.jpg

着地後の挨拶?
8f50c05f.jpg

18158908.jpg

2へ続く・・・
.

2/26~3/1 北海道

流氷船に乗った時の写真がまだ残っていた。
オオセグロカモメや流氷船を載せる。

オオセグロカモメ  港を出航後から付いて来た。
c8ddd6a7.jpg

d9e57768.jpg

171bfb49.jpg

98f71a03.jpg

123e1014.jpg

9c9d3f92.jpg

19a77130.jpg

流氷船  この日、10隻近くが出て居たかも知れない。
a7765a17.jpg

4ff219b8.jpg

02069158.jpg

f05bb6b2.jpg

羅臼岳
db06dab5.jpg

日の出前の5時20分に出港。
8時過ぎに帰港。
良い日だった。
.

2/26~3/1 北海道

シマエナガの来る宿の庭には、他にも大勢の鳥達が朝から夕方まで来ていた。

ハシブトガラ (コガラ)
e920f48e.jpg

dd939c11.jpg

146b7ccd.jpg

シジュウカラゴジュウカラ (ゴジュウカラ)
0e1dcf22.jpg

f0f11f39.jpg

49ea4281.jpg

ヒガラ
0b180806.jpg

a1732f2e.jpg

97bfd0fe.jpg

エゾアカゲラ (アカゲラ)
3d3cacc9.jpg

40d2b03f.jpg

エゾコゲラ (コゲラ)
ca1484be.jpg

シジュウカラ
6b00afef.jpg

ウソ
d8e940a9.jpg

6d3c166d.jpg

その他、ヒヨドリ、シメ、アトリも来た。
.

2/26~3/1 北海道

27日は早朝から流氷船に乗った後、宿に戻って朝食。その後、シマエナガの来る宿に向かった。
宿には1時半過ぎに到着。
荷物を置いてから庭で撮影を開始した。
シマエナガは中々来なかったが、夕方5時前の撮影終了までに4回来た。
いずれも3羽ずつだった。
翌日は朝食を挟んで6時半前から出発の9時まで撮影。
やはり4回で5羽が来た時も有った。

27日午後
4bf9dfb3.jpg

3361e42a.jpg

91226103.jpg

20e09b05.jpg

3d09ed27.jpg

a131586f.jpg

005039d1.jpg

65edfb8c.jpg

28日早朝
48025fe9.jpg

9e0b47fc.jpg

b0ba7d05.jpg

5816dd4b.jpg

683a818d.jpg

45061f17.jpg

6e2e54db.jpg

66510171.jpg

c788d609.jpg

b096fd1c.jpg

シマエナガは正面顔が可愛い♪

宿の主人から、27日は-20℃になった。
翌朝は-25℃位になるだろうと言われた。
実際、翌朝の玄関の温度計は-23℃を示していた。
しかし、そんなに寒くない。
吐く息の白さもたいしたことは無く、眉毛も鼻毛も白くならないし顔が痛くもない。
おかしいと思って帰宅後に調べてみた。
その町の27日は夜中の11時が最低で-13.2℃
28日早朝は8時で-13.3℃
やっぱり・・・ 温度計が狂っている。
長年住んでいて気がつかないのだろうか? 不思議だ!
尚、2月の平均気温は-6.0℃、最低は-19.1℃
寒いのは確かだ。
.

2/26~3/1 北海道

オジロワシの大きめの飛翔写真

273b368d.jpg

若い個体
fcbc657a.jpg

白い尾羽が綺麗
ceabca98.jpg

ee8edb4c.jpg

9dcfcf4f.jpg

963bc64e.jpg

bef0d200.jpg

06f0a978.jpg

c5d20a69.jpg

b587db92.jpg

トリミング無し
7bfdda35.jpg

これもノートリ (トリミング無し)  近すぎた
eb35f2ff.jpg

シマエナガ へ続く。
.

2/26~3/1 北海道

オジロワシの続き。

2羽ともオジロワシ
daed472b.jpg

f0402b77.jpg

5b55c319.jpg

a0eea625.jpg

右下に他の船
e31c09b2.jpg

オオセグロカモメと
86ae5925.jpg

358ce1be.jpg

これもオオセグロカモメ
88420ac3.jpg

455d4bb7.jpg

55ba7ba2.jpg

454e1068.jpg

嘴が黄色く無いので若い個体
114fd973.jpg

b305df14.jpg

飛びながら魚を食べている
2b195390.jpg

817d1d1e.jpg

続く・・・
.

2/26~3/1 北海道

  オオワシ 全長88-102cm 翼開張220-250cm
  オジロワシ 全長76-98cm 翼開張199-228cm

オオワシの方が少し大きい。両方ともオオタカよりは断然大きい。
  オオタカ 全長50-59cm 翼開張105-130cm
                                        (日本の野鳥650 参照)
オジロワシもたくさん撮ったので3回に分ける。

魚を飲み込むところ
41abc6ed.jpg

69b81456.jpg

6c2b59a4.jpg

ae9f360a.jpg

オオワシと一緒
031c7b0e.jpg

9dcc71ae.jpg

右下のカラスが小さく見える
1789f548.jpg

6886b73f.jpg

1d9dcdc8.jpg

56638781.jpg


ef93434a.jpg

f2c73c76.jpg

9480b71d.jpg

水に浮いていた魚を掴んだ
bb4fa46d.jpg

2abcf829.jpg

続く・・・
.

2/26~3/1 北海道

オオワシの飛翔写真をまとめた。

流氷上を飛ぶ
2a42d04d.jpg

7df4dad8.jpg

2羽が絡んだ
6e01728a.jpg

73013b61.jpg

bbe2cc95.jpg

fbd8ba5e.jpg

オオセグロカモメが側を飛んだ
0f4e0e95.jpg

63d83fc9.jpg

e568a6c8.jpg

背景は羅臼岳
6e4c0f9b.jpg

bd35edfc.jpg

羅臼町で
9fce3573.jpg

低いところを飛んだ
55658d7c.jpg

390c0ee2.jpg

ad6b884b.jpg

流氷上で魚を別のオオワシに持って行った個体が居た。
求愛かな?
.

2/26~3/1 北海道

オオワシの2。

bf7ded82.jpg

右はオジロワシ
551988c2.jpg

6f839b70.jpg

af867c95.jpg

ハシッブトガラスも来ていた
d78189b3.jpg

実際はもっと多い
ea305b4c.jpg

新たな船も近付いている
79dc4f0c.jpg

3b94a1ef.jpg

46a9ff2a.jpg

ef5ae9d8.jpg

907f51d5.jpg

838799d6.jpg

cdf1433c.jpg

12686676.jpg


続く・・・
.

2/26~3/1 北海道

船に乗って流氷上のオオワシやオジロワシを撮った。
オオワシをたくさん撮ったので3回に分けて載せる。

船は5時25分に出港。
既に2隻が出て居るので3番目だ。
20分で流氷に到着。
オオセグロカモメが追いかけて来た。
その後をオオワシやオジロワシが来る。
流氷上は賑わってきたが、日の出がまだなので撮ってもシャッタースピードが上がらない。

6時、日の出。 日の出の写真が上手く撮れなかった。
6fb384ce.jpg

近くのワシ達はまだ暗い。
8f8a7f0e.jpg

まだ集まってくる
d4bc20e7.jpg

オオワシ(左)とオジロワシ
f34ef87e.jpg

5fb66e11.jpg

a152ff53.jpg

cf569440.jpg

dd33e8f4.jpg

56d1737b.jpg

飛んで居るのは若いのかな? それともオジロワシ 尾羽に黒い部分が有って綺麗だ。
27762d9f.jpg

0c067a42.jpg

cd6a7b47.jpg

魚を掴んでいる
c204254e.jpg

a712fba1.jpg

鳥達は船から投げる魚を目当てにやって来る。
魚は、売れないものを持ってくると以前に聞いた事が有る。
船は多く、魚も十分有るので鳥同士の争いは少ない。

続く・・・
.

2/26~3/1 北海道

道東へ行って来た。
4日間とも快晴で風も穏やかだった。
鳥もまずまず出たので撮りすぎた。
4800枚も撮ったので整理が大変。
当分、ツアーの写真が続くと思う。

シマフクロウの来る宿に泊まった。
今までのシマフクロウ父は若い個体に追い出されたと言う。
娘はその若い個体と一緒になったそうだ。
今までと違って出は悪くなった。
この日、9時まで待ったが出ない。
寝ていると「シマフクロウが来た!」と起こされた。
11時だった。
窓を静かに開けているとピカッとフラッシュが炊かれた。
シマフクロウは顔を上げた。
そしてまたピカッ
シマフクロウは飛んで行った。
1枚も撮れず。
後で聞いたが、外人さんが間違ってフラッシュを炊いてしまったとか。
寝た。

11時30分。
また起こされた。
今度は撮ることが出来た。
撮っていると、弱いがフラッシュが炊かれた様に何度も光っている。
シマフクロウは数分で飛んで行った。
携帯かスマホで撮っていた人が居たと聞いた。
11時前に諦めて帰った人も居たようだ。

宿のおかみさんから、最近は朝の4時に来ると聞いていた。
起こしてくれるだろうと思って寝ていた。
4時と4時15分に来たと後で聞かされた。
目は覚めていたが、来ていれば誰かが起こしてくれるだろうと思って居た。
甘かった。

シマフクロウ
812abd7b.jpg

ac09c26a.jpg

76675491.jpg

aeea5e55.jpg

シマフクロウは過去に2回、良いのを撮っている。
どうしても撮りたいとは思って居なかった。


その他の漁港に居た鳥達の一部。

ウミアイサ
2d06bd48.jpg

6f075cc2.jpg

7ffd82a1.jpg

カワアイサ
c21a248f.jpg

3a316522.jpg

ホオジロガモ
e748794d.jpg

  メス
4c4db537.jpg

ワシカモメ
bfd3c1c2.jpg

f25aa055.jpg

シロカモメ
437447d9.jpg

続く・・・
.

12/26 北海道

船の上から撮った オオワシ
f7117318.jpg

cfd25f89.jpg

705fd8cd.jpg

31b5b551.jpg

空港に向かう途中で撮った オジロワシ
4d86656f.jpg

07db2603.jpg

37d81035.jpg

edb0091d.jpg

c755f675.jpg

やはり空港に向かう途中で タンチョウ 例年ならこの辺には居ないと言われた。
a5ce6428.jpg

e3d0654b.jpg

98b2480a.jpg

56f935af.jpg

39fdf55d.jpg

道東は暖冬で雪が少なく、氷も張っていない所が多かった。
クルーズが今一だったのが心残り。
また来るかな?

道東ツアー終了
.

12/26 北海道

落石クルーズの続き。

ホオジロガモ
8a532af5.jpg

beddc830.jpg

ウミスズメ
56097461.jpg

3cc308f9.jpg

66a682b9.jpg

ウミガラス
89e7f07f.jpg

3f76a40c.jpg

ハシブトウミガラス
52bd6040.jpg

ケイマフリ
ce149621.jpg

2edcbadb.jpg

オオハム
4bfb6b1b.jpg

1f8a0269.jpg

cdae6864.jpg

鳥は少なかった。
もっと色々な鳥に会いたかった。
まあ、仕方ない。
船が出ただけ良しとする。

続く・・・
.

↑このページのトップヘ